大学受験と高校受験の違いについて

大学受験と高校受験の違いについて

大学受験と高校受験は
同じ受験と呼ばれるものに分類されますが、
似て非なるものです。
では、このふたつは何が違うのでしょうか。

その違いについて、
今回は書いていきたいと思います。

まず、高校受験は中学3年生が受けます。
そして、科目も少ないです。
私立と公立で科目数が違う場合があります。

学校によっても入試のレベルも違います。

公立高校を受験する場合は
面接が課されているところが多いはずです。

学校によっては面接を重視しているところもありますが、
そうではないところもあります。

公立高校に関しては、
都道府県によって受験の体系が異なることもあります。

次に大学受験についてです。
まず、大学受験は高校3年生だけでなく、
高校を卒業と同等の資格を持っている方々や
一般の方々などほとんどの人が受けることができます。

私立と国公立で受験時の科目が違います。
高校よりも大学はさらに学部や科が多いので
いろいろなところを受けることができます。

私立大学も国公立大学も面接が必須ではありません。
ただ、推薦の場合や受験の仕方によっては
面接が課されるところもあります。

さて、ざっと高校受験と大学受験の違いについて説明しました。
違うポイントはいくつもあります。
大学は基本的に誰でも受けることができるというのは
驚いた中学生や高校生の受験生の方も多いかもしれません。

実際に、大学には社会人として成功されてから
大学に入学してくる方も少なくありません。

また、そういった方々と普段の授業などで
接することができるので、

自分の知らないことを知る
良い機会になる場合もあるかもしれません。

ここで、中学生の方は大学受験は
たいへんだなと思うかもしれません。

確かに大変な部分もありますが、
高校受験よりも大学受験の方が
自分で受ける科目の選択などもできて自由です。