受験をするときの当日の食事メニュー

受験をするときの当日の食事メニュー

受験を控えた受験生は
当日にもなると緊張がピークになって、
食事も喉を通らなくなってしまいます。

しかし何も食べずに試験に臨むことは
決して良くなく、空腹のままでは
頭も正常に動かないため
実力を発揮することができなくなってしまいます。

かと言ってあまり重たい
ヘビーなメニューを食べて体調を崩したり、
満腹になりすぎて緊張と疲れから
睡魔との戦いになってしまっては意味がありません。

そんなときに日本人ならではのメニューでもある、
おにぎりがオススメで、
仮に朝起きて食欲がなくて食べられなくても、
お弁当としてバッグに入れて
試験場まで持参することもできます。

おにぎりの具としては
傷みやすい材料や消化の悪いものは
避けるようにしましょう。

食欲がない時に梅干しは食べやすく、
食材を傷みにくくする効果もあるので
試験当日のおにぎりの具としては最適です。

梅干しには殺菌や抗菌の効果があり、
独特の酸っぱさが食欲を増進させてくれます。

夏に食欲がないときに
酸っぱいものなら喉を通るという経験がありませんか?

梅干しのクエン酸という酸味成分は唾液を分泌して、
胃腸の消化液も活発にするので
食欲増進効果に適しています。

同時に疲労を回復させる効果もあるので、
試験当日までに気を張って
勉強をしてきた受験生にとっては
非常に助かる食材になるでしょう。

他にも鮭やツナなどの馴染みのある魚の具材も、
栄養があるので受験生の食事として適しています。

受験生にとっては飲み物も大事で、
あまり冷たすぎるものは
お腹によくないので避けるのが賢明です。

試験の最中に腹痛など起こしてしまうと、
試験に集中することができずに
実力が出せないままに試験が終わってしまいますからね。

食べ物と飲み物にしっかり気を配って、
テストで普段の実力を十分発揮できるようにしましょう。