受験に重要な面接対策としての考え方

受験に重要な面接対策としての考え方

筆記試験しかないところもありますが、
面接もする学校はいくらでもあります。
推薦では確実にあると思ったほうがよいでしょう。

これがとても大事なことになりますから、
しっかりと対策をしておくことです。

実際問題として別に面接のみで合格する、
ということはないでしょう。
下駄を履かせてくれることはあるでしょうが
本当にそれだけです。

推薦の場合はほぼ決まっている、
ということがありますから要するに減点されないようにする、
というのがひとつのポイントである、
と思っておいたほうがよいでしょう。

例えばノックの仕方です。
これは2回なのか3回なのか4回なのか、
ということがあります。

日本では一般的には2回にしている人が多いです。
しかし、海外では4回です。

何故か間をとって3回にしているところもあります。

つまりは、いまいちはっきりとしない、ということです。
これはそこまで固執しなくてもよいでしょう。

後は座ったときの背筋とか
或いは目線とかそうした訓練をするとよいでしょう。

それだけでも十分に減点にしない、
ということはできるでしょう。

はっきりいって、そこまで面接のウエイトが
極端に高いところはないでしょう。

それでもマイナスにしないようにする、
ということは意識しておいたほうがよいでしょう。

そうすれば安心して試験に臨むことができるようになります。
また、確実に聞かれることがありますから、
これはよくよく対処できるようにしておきましょう。

例えば志望動機は確実に聞かれることになりますし、
或いは自己アピールなどもすることがあるでしょう。

この二つは確実に答えることができるようにしておきましょう。
これは必須事項の一つといえるでしょう。
大して難しいことでもないです。