自分の空いている時間に効率の良い勉強の仕方

自分の空いている時間に効率の良い勉強の仕方

受験勉強と聞くだけで
自分が受験生だったときのことを思いだします。
勉強方法は人それぞれだと思います。

追い込み型や、計画的型、自
分の性格に合った勉強の仕方がベストです。

私が思うのは、まず、勉強しなくてはいけないという概念を
一回置くことが大事だと思います。

勉強しなきゃ、勉強しなきゃ、
と焦っていても頭にしっかり勉強内容が入るわけありません。

それならどうすれば自然に勉強するようになるのか、
ですよね。

あくまでも私の意見なので参考になるかはわかりませんが、
例えば今日1日は友達と楽しく遊びました。
それなら明日は引きこもって勉強しよう。

勉強をしなくても、
とりあえずは家で教科書をめくってみよう、
こういった感じです。

今日は自分が欲しかったものを買ってもらえた、
だから気分もいいしこの勢いで勉強しよう、
というように、自分にご褒美をあげながら勉強時間を確保することです。

毎日朝起きてから寝るまで
勉強できる方もいらっしゃるかもしれません。
でもそれはほんのわずかな人数だと思います。

だいたいの方が受験勉強という重いリュックは
毎日背負っているはずです。

でも人間は自分にとって
何か得なことがあると自然と気分が高まり、
普段嫌なことでも今日はできたりするものです。
単純です。

ただし、間違ってはいけないのは
何も得しないから勉強もはかどらない。
やる気が起きないこれは違います。
そもそも勉強は受験生にとって必要不可欠です。

秀才な人以外は一生懸命勉強します。
それがその時期は当たり前なんです。
みんな一生懸命教科書とにらめっこしています。

ただ、しなくてはいけないという焦りはよくないということです。
今日は3時間は絶対に勉強すると決めたなら
3時間だけは最低限勉強しましょう。

例えその日が自分にとってなんでもない普通の日でも、
今日勉強ができなかった受験生よりかは
3時間分知識を得ることができます。

そう考えてくるとやればやるだけ自分のためになり、
結果もついてくるでしょう。

ここまで頑張ったらご飯にしよう、
今日は1日中勉強して明日は買い物にいこう、
こう考えれば良い具合で息抜きもできるのではないでしょうか。

ほどよく重いリュックの荷物を減らしながら
自分の好きな時間に集中して勉強できる時間を確保してみてください。

その日その時間一生懸命勉強した自分を
誰も褒めてくれません。
だからめいいっぱい自分で自分を褒めてあげてください。

この受験勉強方法があなたの理想の結果に近づける
勉強の仕方になれば嬉しいです。