読解力を高くするとライティングがアップする

読解力を高くするとライティングがアップする

時事問題が出題される科目は社会科ですが本来社会という言葉は人が共同生活を営む人の関係の総体という大きな意味が込められていて、その中に歴史、世の中の仕組みといったものばかりでなく、今あなたのいる世界で起きてることも含まれます。社会科の中で時事問題を出題するには出題者が、この社会で起きてる出来事を自分で考得てもらいたいといった思いを持ってるから。それは受験を経て子供たちが成長して社会人へ一歩近づくうえで大事なことです。

時事問題は一般的イメージを覆したかたちで出題されることもあって、周年問題というのがありますが、その年の10年前など区切りのいい年に起きた出来事が出題されたりします。そして時事問題は社会科のテスト中で出題されるイメージがありますが。ほかの課目中出題されるケースがありますから注意。時事問題は勉強法がわかりにくいだけに得意分野にできればほかの受験生に差をつけられて、この分野は効率的勉強法を見つけ出すより、日ごろから時事に対して関心を持つことが大事です。

社会の中で起きてるいろいろな出来事について主体的に考えるようにして、そのことについて理解度は深くなるはず。小論文の学習は巻き方の学習をイメージする方が多いです。確かに技術を身に着けるうえで原稿用紙の使い方や小論文にふさわしい表現など文を書く能力を高くする必要があるのは言うまでもないです。ですが、小論文が出題される学校を受ける方は、こうした書く能力以外に評論文の読解について学ぶことがいいです。その理由は、評論文を学んで読解力を高くすると小論文を追空く能力を磨けるから。評論文は筆者の主張が論理的展開される点で小論分に似ています。これは役立てます。