受験勉強で日本史がなかなか覚えられないときは

受験勉強で日本史がなかなか覚えられないときは

日本史の受験勉強をしている人は多いのではないでしょうか。しかし日本史の場合、ほかの教科に比べて暗記をする量が多いため、なかなか覚えることができず、挫折してしまったという人もいるかと思います。そこで今回は受験勉強で日本史がなかなか覚えられない人に向けて書いていきます。まず年表についてですが、やはり語呂合わせで覚えるのが一番にいいです。数字を覚えるのが苦手という人は多いかと思いますが、そんな人でも語呂合わせならなんとか覚えられるのではないでしょうか。インターネットなどで調べると日本史の語呂合わせをまとめたサイトが数々出てきますし、書店などでもそのような本が売られているので、気になるという人であれば、一度目を通してみてはいかかでしょうか。次に数多くある単語についてです。日本史ではかなりたくさんの単語を覚えなければいけません。時代ごとにたくさんの単語があり、中には難しい単語や覚えにくい単語などもあるため、なかなか進まずに困っているという人は多いのではないでしょうか。そこで提案したいのですが、日本史だと書店などでマンガシリーズが売られていることがあります。マンガを使って覚えることで、効率的に覚えられるようになる可能性があります。なぜかというと単語をそのまま覚えようとしても印象に残りにくいですが、マンガを何度も読んでみることで、自然と頭の中に入るといったメリットがあります。中には勉強中にマンガを読むことに抵抗があったり、本当にマンガを読むだけで覚えられるのかと疑問に思う人もいるかと思います。しかしマンガシリーズは基本的にわかりやすくまとめられていることが多く、誰もが効果的に覚えられるように工夫されています。