受験におすすめの合格テクニックについて

受験におすすめの合格テクニックについて

中学受験でも高校受験でも大学受験で
も必ずその学習過程で必要となる作業は何かと言われれば
それは「暗記」です。

どれほど数学の才能に溢れていたとしても、
公式を覚えていなければ決して問題を解く事は出来ません。

つまり暗記は科目を問わず
全ての勉強の基礎とも言えます。

しかしその一方で暗記が苦手と言う人も非常に多いと思います。

むしろ暗記が得意という人に
出会うことはほとんどありません。

では、受験で栄冠を掴むために
必要不可欠な暗記を得意にする為には
どうすれば良いのかという事について簡単に紹介します。

暗記というのは記憶力がかなり関わってきますが、
持って生まれた記憶力も確かに大事なのですが
それよりも更に重要なのは知識に触れる「回数」です。

特定の知識にどれくらいの頻度で
どの程度触れたのかが最終的な記憶に関わってきます。

英単語なども覚えることができないと嘆いている人も多いですが、
最低でも同じ単語を1ヵ月に6回は見直さなければ完全には定着しないと言えます。

もちろん単語によってはすぐに覚えられるものもありますので、
多少の差はあります。

個人によって記憶が抜けるタイミングというのは
大きく異なってきますから、
自分がどのタイミングで忘れてしまうのか
大まかにで構わないので絶対に把握しておく必要があります。

記憶が3日で抜けるのであれば
2日に一度は復習する必要がありますし、
1週間程度は記憶が持つのであれば、
5~6日目のタイミングで復習をしなければなりません。

上記のように適切な回数とタイミングのバランスを
しっかりと取って復習を行っていけば、
これまでよりも記憶は明らかに長く維持されると思います。

他にも100円ショップで売られているような
単語カードを使用して、
こまめに見直すというのも有効な方法と言えます。