自宅では勉強できないという受験生は「作業興奮」を利用しよう

自宅では勉強できないという受験生は「作業興奮」を利用しよう

自宅ではなかなか勉強に取り掛かれない、
自宅だとすぐに集中力が途切れてしまう。。。

このような「自宅だと勉強できない症候群」は、
多くの受験生にとって共通の悩みでしょう。

どこでも勉強に集中できる、やるべき事から逃げないという能力は、
受験だけではなく人生そのものに大きな影響を及ぼします。

自宅では勉強が続かない、やる気が出ないなどの症状に悩む受験生は、
ぜひ「作業興奮」を利用して集中力を高めてみて下さい。

具体的な方法は下記の通りです。

「作業興奮」を利用しよう

「どんなに嫌なことでもとりあえず5分間だけやってみる」ことが、
やる気を引き出す最大のコツです。

やる気やモチベーションは、
脳の「側坐核」という場所でつくられています。

実はこの側坐核を活発にするためには、
ある程度の刺激が必要なのです。

勉強の場合、「5分だけやってみる」という刺激が
側坐核を興奮させ、継続したやる気を生みます。

人間の脳は、嫌々取り組んでいるうちに夢中になる。
これを心理学者のクレペリンは「作業興奮」と名付けました。

いきなり多くをやろうとせず、短時間で少しずつ始めるのがコツです

最初から長時間勉強しようと思わない事が大切です。
「とりあえず英単語の暗記を5個だけ」など、
簡単にできそうな所から始めましょう。

また、テレビやネットサーフィンをやめられないなら、
まず目を画面からそらし、
外の景色や参考書などを眺めます。
それだけでも脳にとっては大きな刺激となります。

「ダラダラする」という行為は、
脳にとって何の刺激も変化のない状態です。

「こんなに平和で変化がないなら脳を動かす必要はない。休んでしまおう」と判断されてしまいます。

最初のハードルは限りなく低く設定し、
まずは脳に変化と刺激を与えることが「作業興奮」を活性化させるコツです。

適度な睡眠と運動で「作業興奮」を引き出そう

十分な睡眠で側坐核を休ませ、適度な運動で側坐核を刺激することも大切です。
体力の有無は集中力の有無にも直結しています。
受験勉強に励むためにも、つねに体調は万全にしておきましょう。